大山ハム

トップページ > 企業情報 > ごあいさつ

ごあいさつ

大山ハム 取締役社長 増井隆夫が皆様にご挨拶申し上げます。

ごあいさつ

平素は格別のご支援、お引き立てを賜り、誠に有り難く厚く御礼申し上げます。

私たち大山ハムは、昭和29年(1954年)に、山陰の名峰「大山」を望む鳥取県米子市に創業し、爾来お客様から愛され、信頼される会社たらんと願い、また地味で小さい会社ながらもきらりと光るところを持った個性ある会社たらんと努力し続けてまいりました。

お客様の生命や健康に関わって仕事をしている私たちは、毎日お届けする製品の安心・安全と美味しさへの「信頼」があって初めて、お客様からご愛顧、ご支持をいただけるものと考えています。

「安心・安全」を担保する為にHACCPやISOの認証も取得してこれらに基づいた品質管理・品質保証の活動を行っています。また一方で「美味しさ」を実現する為に、先輩たちから引き継いできたものづくりの精神や、高品質な製品を生み出す為の様々な決め事を、手を抜かずに、愚直に守り続けています。美味しいものを提供することとは、要は厳選された原材料に拘ることと、手間を惜しまないこと(寧ろ一手間かけること)に尽きると考え、これらを実践しようと努めています。

私たちの製品の品質水準を客観的に確認する為、10年前からドイツ農業協会(DLG)主催の国際品質競技会に出品し、毎年金賞・銀賞・銅賞を受賞してきました。更に10年間優秀な成績を収めた企業に贈られるシルバー賞を9年目に受賞することができました。私たちのものづくりが本物であると自信をもち、更なる研鑽への励みとしているところです。

私たちは、気高く、雄大で、そして優しい、あの名峰「大山」を社名に戴いており、その名に相応しい「自然」で「本物」の美味しさを持った製品をお届けしたいと考えています。
また地域企業である私たちは、当社の永続性を実現し、また地域に貢献できる事業活動を展開することにより、地域社会とともに持続可能な未来を築いてゆく所存です。

私たちの作り出す製品を通じてであれ、私たちの様々な事業活動を通じてであれ、「世の中の何がしかの人たちが、大山ハムが存在することでよりハッピーであると感じていただける事」、これを喜びとし、誇りとし、励みとしていきたいと考えています。

今後とも引き続きご御支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

取締役社長 増井 隆夫


▲ページの上に戻る